チラシの裏

趣味の一つの釣りのことがメインかのう

松浦 なにかがおかしい... 【釣行記】

まだまだ暑いが、一回行っとこうかと。

準備:
竿:自作150cm(元ダイコー)
リール:シマノ セイハコウSP RC83
ライン:フロロ1.5号80m
針:かわせみ針のチヌ針7号直結
団子:チヌ煙幕2袋6kg+中国アミ2kg+麦500cc+砂1000cc →空中分解が気になる仕上がりで×
つけ餌:オキアミLL


2021年9月12日 日曜日 ダゴチン釣り

実釣:6:00~13:30
天候:曇り→晴れ
気温:朝26℃→午後30℃程度
潮:中潮 満潮12:57 干潮6:26
風:微風
波:凪~少し
場所:星鹿
同行:Y氏、Y氏息子、H氏

 

f:id:apstars:20210913174634j:plain

 

 

前の日は23:30前に就寝。

起床2:00。睡眠時間2時間半。眠い。

バナナを発見したんで食う。1本しかたなったので足りない。

2:30出発。9分で福岡IC通過

2:53 基山PAで数分時間調整。

3:20 H氏の家に到着。ほどなくY氏とY氏息子来た。荷物積んで出発。

 

5:33 星鹿港到着。まだ暗い。

f:id:apstars:20210913175056j:plain

 

少し待つ。

やがて貸し船屋さんが来る。

なんやかんや準備して出港。真ん中の船。

f:id:apstars:20210913175151j:plain

 

つけるポイントはいつもと同じところ。

出港する港が違うだけ。

f:id:apstars:20210913175241j:plain

 

3名以上いると係留が楽でよい。f:id:apstars:20210913175317j:plain

 

 

最初は小さなイトヨリやトラギスなど「どちらかというと」外道ばかり釣れていたが、やがてアジや真鯛があたりだす。

f:id:apstars:20210913175354j:plain

 

わたしにも真鯛

f:id:apstars:20210913175603j:plain

 

真鯛

f:id:apstars:20210913175637j:plain

 

たまにアジ。

f:id:apstars:20210913175721j:plain

 

真鯛

f:id:apstars:20210913175801j:plain

 

真鯛

f:id:apstars:20210913175825j:plain

 

何かがおかしい...

いや、真鯛はいつもなら釣れたらガッツポーズが出るほどのうれしい獲物なんだが、釣れすぎなのでは...養殖の網が破れて、脱走でもしてるんじゃないの?という声。

 

日曜の釣行なので、魚はその日のうちに捌かねばいけないのであるが、アジならまだいいもののタイは手間がかかるから。真鯛5匹釣ったところで私は釣りをやめた。まだ10時くらい。

ほかのメンバーは13:30くらいまで釣り続け、ほぼクーラー満杯になるまで釣れ、好調だったようだ。

 

 

 

漁港の氷販売施設で氷を20kg400円で購入し、クーラーボックスを氷漬けにする。

f:id:apstars:20210913180255j:plain

 

港をあとにしたのが14:45くらい。

H氏の家についたのが17:00くらい

帰宅が18:00くらい?

 

 

釣果は、私以外は大漁じゃないかね

魚種は真鯛が多かったと思うが具体的な魚種や数は不明

 

 

普通の刺身と、皮付き炙りを食った。

f:id:apstars:20210913180938j:plain

 

松浦 アジ好調 しかし型が小さい【釣行記】

夏暑くなったが一回行っとこうかと。

 

準備:
竿:自作160cm
リール:シマノ セイハコウSP RC83
ライン:フロロ1.5号80m
針:かわせみ針のチヌ針7号直結
団子:パワーダンゴチヌ一袋6kg+中国アミ2kg+麦500cc+ヌカ2000cc+砂1000cc →水深40m弱にて4~10握り、握り次第で短時間長時間と幅広い
つけ餌:オキアミLL

 

2021年7月22日 木曜 ダゴチン釣り

実釣:6:00~13:30
天候:曇り→晴れ
気温:朝26℃→午後33℃程度、暑かった...
潮:中潮 満潮7:22 干潮14:12
風:5m程度
波:凪~少し
場所:松浦
同行:Y氏、H氏

 

f:id:apstars:20210722203159j:plain

 

前の日は23:00前に就寝。

起床2:00。眠い。

味噌カップラーメン食う。塩分補給、汁完飲

2:35出発。

2:57 基山PAで数分時間調整。

3:25 H氏の家に到着。Y氏もう来てた。荷物積んで出発。

 

5:17 御厨港到着。丁度夜明け。

f:id:apstars:20210722203531j:plain

 

船に荷物積み込む。

前回ここでアジゴがサビキで釣れそうなことを確認したので船上よりサビキ少しやる。

10分ほどで8匹確保w

船の生簀で生きたままキープする。

今日は別竿(鱒レンジャー+スピニングリール)がある。

f:id:apstars:20210722203650j:plain

 

5:40 出航

f:id:apstars:20210722203903j:plain

 

2馬力と比べると馬力あるんでゼンゼン速い。

f:id:apstars:20210722203946j:plain

 

5:50 ポイント着。3名居ると係留が非常に楽。

6:00くらいより釣りスタート。

この時点ではまだ涼しい。

 

H氏、イトヨリ、アジ

Y氏、イトヨリ、アジ

わし、トラギス→リリース

 

ぽつぽつ

 

ちょっとミスし、仕掛けが空中分解してしまう。

恐らく、水深20m地点位。餌ついてると思ったんで、少しそのまま流してた。

6:40 この失敗の流しで真鯛。けっこー引いた。約40cm。

f:id:apstars:20210722204300j:plain

 

7:00過ぎる頃よりアタリが活発になってきた。

アジ、アジ、アジ。入れて団子割れると大体すぐアタリがある

f:id:apstars:20210722204453j:plain

 

 

しかし今日はちょっと型が小さいような。

最小20cm(リリースサイズ)~30cmちょいといったサイズ。

f:id:apstars:20210722204617j:plain

 

 

流れはそんなに速くはないので錘はガン玉2Bを1個。

たまにこういうのが釣れる。

30cmちょいくらいかな?

f:id:apstars:20210722204758j:plain

 

9時くらいから、照りつける太陽が暑い。

今日はこのようなものを持参してた。

f:id:apstars:20210722204953j:plain

これ、釣には良いんだけど、椅子から立つと風で倒れてしまう。

なんか対策が必要かもしれない。

 

昼過ぎてもほぼ入れ食い。13時にはこういう状況。

ただ...アジばっか。

f:id:apstars:20210722205112j:plain

 

 

ちなみに、サビキで得たアジゴ使っての泳がせ釣りは不発。

アジゴのサイズは10cm弱で抜群においしそうだったんだが。

釣れない→そうすると道具が凄く邪魔

「なんでこんなもん持ってきたんやろ...」

 

 

皆さん、暑いのと、アジしか釣れないので13:30で中断。

13:45前に帰港。

f:id:apstars:20210722205219j:plain

 

氷販売施設にてクーラーを氷詰めにする。氷は400円で20kg買った。

f:id:apstars:20210722205416j:plain

f:id:apstars:20210722205352j:plain

 

16:00 H氏の家に到着

16:30 解散

17:20 自宅着

18:00まで、30分ほど道具洗い。

 

 

魚捌きは明日。

釣果はみんな同じ位。詳しくは知らない。

Y氏:ヘダイ×2、イトヨリ数匹、シロギス、アジ多数

H氏:イトヨリ、シロギス、トラギス、アジ多数

わし:真鯛、アジ多数

 

松浦 まあまあ好調 ダゴチン チヌ・アジ・イトヨリ・アラカブなど【釣行記】

夏暑くなる前に一回行っとこうかと。

 

準備:
竿:自作160cm
リール:ダイワ バイキング ST-44
ライン:フロロ1.5号80m
針:かわせみ針のチヌ針7号直結
団子:チヌ煙幕4500cc+パワーダンゴチヌ4500cc+中国アミ2kg+麦700cc →水深40m弱にて7~10握り、柔目で
つけ餌:オキアミLL

 

2021年6月26日 土曜 ダゴチン釣り

実釣:6:10~13:30
天候:小雨→曇り→晴れ
気温:朝20℃→午後28℃程度、暑かった...
潮:大潮 満潮9:50
風:微風
波:凪
場所:松浦
同行:H氏

 

f:id:apstars:20210626221545j:plain

 

前の日は23時30分に就寝。

朝2:00起床。眠い。

2:30 出発

10分で福岡IC通過、2:55 基山ICで数分時間調整。

3:20 集合場所へ到着。

5:38 御厨港到着。船へ荷物積み込み。

 

ふとここでアミをちょこっと撒いてみると、アジゴがいっぱいいる。

泳がせ釣りをするなら、ここでサビキをすれば容易に餌向きのサイズのアジゴが入手できそうなことが分かった。今日はサビキ仕掛けが無かったので何もせず。

 

5:50 出航。10分ほどでいつもの城山横のポイント着。

6:00 係留など。

6:10 釣り開始。

 

6:14 いきなり一投目で40cmほどのイラが釣れる。

f:id:apstars:20210626222253j:plain

 

アタリが多い。

アラカブ。25cmくらいか。

f:id:apstars:20210626222437j:plain

 

イトヨリ。40cm弱。

f:id:apstars:20210626222518j:plain

 

今日も一番多かったのはアジ。

しかし型が小さめなのが結構混じる。最小で20cm。最大で40cm弱。

25cmに満たない小さいのはリリースしていく。

たくさん釣れたがアジの写真あんま撮ってない。

f:id:apstars:20210626222606j:plain

 

別竿で、ダゴチンで釣れた生きた小あじを付けて泳がせ釣りしてオニオコゼがスレ掛かり。25cmくらい。

f:id:apstars:20210626222742j:plain

 

小さなチャリ。リリース。

f:id:apstars:20210626222847j:plain

 

日が照ってきて、パラソル開く。かなり暑い。

f:id:apstars:20210626223001j:plain

 

H氏、本命チヌ。45cm弱。

f:id:apstars:20210626223101j:plain

 

わし、48cmチヌ。

f:id:apstars:20210626223151j:plain

 

13:30 日が照って暑いし、今日はまあまあ釣れたので早上がり。

クーラーはこんな感じ。

f:id:apstars:20210626223229j:plain

 

港の施設で氷を20kg足す。400円。氷漬けに。

明日の午前中まで魚を捌かないので多めに。

f:id:apstars:20210626223358j:plain

 

14:00 帰る。

15:00 途中腹が減ったので、伊万里ちゃんぽん食う。ぐううま

f:id:apstars:20210626223455j:plain

 

16:30  H氏宅へ到着。1時間ほど喋る。

17:30 福岡へ向けて移動開始。

18:20 自宅着。

 

今日は道具洗いのみ。

明日の午前中に魚捌く。うちだけでは食いきれんぽいのでご近所におすそ分けの予定。

 

釣果

H氏:チヌ1、アジ20くらい、シロギス2、イトヨリなど

わし:チヌ1、アジ20くらい、イトヨリ、イラ

松浦 ダゴチン 2週連続、アジ・タカバ・ヘダイなど【釣行記】

2週連続で釣行。

緊急事態宣言が6/20まで延長されてはいるが、海上の船で人とは接しないので良し。

 

準備:
竿:ダイワBJイカダ160(約160cm)
リール:シマノ セイハコウSP RC83
ライン:フロロ2.0号80m
針:かわせみ針のチヌ針7号直結
団子:チヌ煙幕2500cc+パワーダンゴチヌ4500cc+ヌカ2500cc+砂1000cc+中国アミ1kg+麦300cc →水深40m弱にて7~10握りでバッチリ(けっこう適当、余りそうだったのは全部ぶち込んだので半端な分量)
つけ餌:オキアミLL

 

2021年6月12日 土曜 ダゴチン釣り

実釣:6:00~14:00
天候:晴れ
気温:朝22℃→午後28℃程度
潮:中潮 満潮9:57
風:午前微風→午後5m
波:午前ベタ凪→午後0.5m(湾内)
場所:松浦
同行:Y氏、H氏

 

組み合わせがちょっと変

f:id:apstars:20210612223046j:plain



 

前の日は23時30分に就寝。

朝2:00起床。かなりキツイ。朝飯は焼きそばパン。

2:30 出発。

f:id:apstars:20210612223300j:plain

 

ちょっと早すぎたので、高速道の基山PAにて9分ほど時間調整のため寄った。

f:id:apstars:20210612223358j:plain

 

3:20 待ち合わせ場所のH氏宅へ到着。

荷物積み込みすぐ出発。

5:30 前回と同じところ。到着。

 

船は前回のものとかは違う。

かなりボロい。

大きさ的には3名ですごい余裕があり、エンジンは非力で煙もうもうで速度でない。

f:id:apstars:20210612223234j:plain

 

いつものポイントを目指す。5分ほどで到着する。

f:id:apstars:20210612223610j:plain

 

 

さくっと係留。3名以上いると係留が楽。

Y氏が操船、H氏が船尾係留、わしが船首係留。

6:10 釣り座を構えて釣り開始。場所と向きは先週と同じ。

f:id:apstars:20210612223819j:plain

 

ファーストヒットはY氏がイトヨリ。小さめ。ファーストヒットはイトヨリが多いね。理由はようわからんけど。

H氏にアジ。小さい。

6:26 わしにアジ。これはまあまあの良型。30cmくらい

f:id:apstars:20210612223932j:plain

 

朝7時ごろ、虹がかかる。

f:id:apstars:20210612224028j:plain

 

 

今日も入れればなんかあたる。アジの型が小さいのがかなり混じる。

わしの釣り座は潮上でちょっと不利目。

 

 

7:15 穂先をピシッとはじくような独特のアタリ。

掛けて、引きがアジとかチヌとかとも違う。もそーっとしている。重い。

タカバ(マハタ)。30cmほど。これはキープ。美味い魚。

f:id:apstars:20210612224223j:plain

 

ここはフェリー航路の近くであり、頻繁にフェリーが通るたびに引き波を食らいアタリが見づらくなる。フェリーたかしま。コロナの影響だろうかガラガラ。

f:id:apstars:20210612224635j:plain

 

 

アジがぽつぽつ釣れる。この写真のは結構デカい。しかし今日は小さいのがよく混じる。一番小さいので手のひらあるかどうかサイズ。一度、釣れたての小さいアジを針にかけたままフィッシュイーター狙いで泳がせてみたが不発。

f:id:apstars:20210612224802j:plain

 

 

午前中は無風or微風で、波もなく釣りやすかった。午後に近づくにつれ風が強くなり波も高くなっていく。

天気は小雨の予報だったと思うが晴れてしまい太陽の強い光を容赦なく浴びてしまう。顔や手首が日焼け。おひさま暑い。晴れ→曇り→晴れ→曇りみないなのを繰り返す。

 

 

主にアジが釣れ続ける。

Y氏はイトヨリやマトウダイやチヌやヘダイを釣り上げる。

H氏はチヌ、真鯛などを釣り上げる。

11:30 わし ヘダイ。30cmちょいかな。元気いっぱいよー引いた。即締め腹出しうろこ落とし。

f:id:apstars:20210612225226j:plain

 

12:45 H氏が釣り上げたチヌをもらった。即締め腹出しうろこ落とし。

f:id:apstars:20210612225349j:plain

 

今日はコンロと水があり、カップめんを買っていったが、釣りに専念したいので作らなかった。手軽におにぎり2個と柿ピーなどを合間合間に食う。

f:id:apstars:20210612225511j:plain

 

午後、風と波がやや強めになってくる。

アタリはコンスタントにある。流れが強いんで少しやりづらい。

ぽちぽち釣果を追加。

やがて餌も底をつき、14:00頃終了。

 

Y氏。アジ、チヌ、ヘダイ、マトウダイ、イトヨリなど(詳細不明)

f:id:apstars:20210612230110j:plain

 

わし。アジ、チヌ(貰い物)、ヘダイ、タカバ、エソ(リリース)など(詳細不明)

f:id:apstars:20210612230134j:plain

 

H氏。竿頭。アジ×19、チヌ×4、ヘダイ、真鯛

f:id:apstars:20210612230211j:plain

 

 

御厨港の氷販売施設で氷を25kg500円で購入。氷漬けにする。

f:id:apstars:20210612230237j:plain

 

 

15:00 港を出発。

道中コンビニに寄り、チョコモナカジャンボとウインナーを食する。

17:30 久留米のH氏の自宅到着。

18:00 福岡市内の自宅へ向け出発。

18:45 自宅着。すぐ道具洗い。

19:15 道具洗い完了。

 

 

魚捌きは疲れたんで明日。

 

松浦 ダゴチン 真鯛、タコ、アジなど【釣行記】

やや久しぶりの釣行となる。およそ1か月ぶり。

緊急事態宣言が延長されてはいるが、海上の船で人とは接しないので良し。

 

準備:
竿:自作(約130cm、ダイコー改)
リール:シマノ セイハコウSP RC83
ライン:フロロ2.0号80m
針:かわせみ針のチヌ針7号直結
団子:チヌ煙幕2000cc+パワーダンゴチヌ2000cc+ヌカ3000cc+砂1000cc+中国アミ1kg+麦200cc →水深40m弱にて7~10握りでバッチリ
つけ餌:オキアミLL

 

2021年6月6日 日曜 ダゴチン釣り

実釣:6:00~14:00
天候:晴れ
気温:朝18℃→午後27℃程度
潮:長潮 満潮6:40 干潮12:58
風:微風
波:ベタ凪
場所:松浦
同行:Y氏、H氏

f:id:apstars:20210605204009j:plain


 

 

前の日は22時に就寝。寝つき悪く23:30まで起きてた。

朝2:00起床。ちょっとキツイ。

2:30 出発。

3:30 待ち合わせ場所のH氏宅へ到着。

荷物積み込みすぐ出発。

5:30 今日は御厨港ではなく城山。到着。

 船へ荷物積み込み。

f:id:apstars:20210606211546j:plain

 

免許持ちはわしとY氏の2名居るが、今日も運転はY氏。

 出航。いつもの御厨港とは違うがポイントはいつものところ。

城山の港からのほうが近く、5分ほどで着く。

f:id:apstars:20210606211711j:plain

 

釣り座を構える。今日は城山展望台側。陸地側だ。

こっち側は、太陽が昇った時、眩しくない。

f:id:apstars:20210606211832j:plain

 

6:00過ぎより釣り開始。

推定水深40m弱。セイハコウSP RC83で55~60巻。1巻83cm。

 

6:20 2投目で25cmほどのオニオコゼ釣れる。

アタリが小さく、掛けてからも抵抗が弱い。

f:id:apstars:20210606212158j:plain

毒の棘に刺されると危険。素手で触っては駄目。

魚体に触れぬようフィッシュグリップでつかみ、ラジオペンチで針を抜いてリリース。

食えば非常に美味な魚だが、捌く手間を考えリリース。理由は後述。

 

6:40 竿を引きずり込む強烈なアタリ。

竿には尻手ロープつけてるんで大丈夫だった。

合わせると強烈な抵抗を見せ、けっこー走る。ライン斜めになる。なんぞこれ。

生簀側へ走ったんで指ドラグで止める。のちに左手人差し指ヒリヒリしてた。

しかしラインを結構出される。慎重にやり取り。

これけっこーでかい。5分近く格闘して上がってきたのは

 

f:id:apstars:20210606212811j:plain

 

真鯛。55㎝。

いつも使ってるタモがこの魚には小さすぎて焦った。魚体全部入らんしw

ちなみにタモこれ↓ ダイワのぽろりサポートネット

www.daiwa.com

 

すぐに海上で捌く。こめかみにモーラナイフを突き刺し90度回転させ即死させる。エラを切り血抜き。血が抜けたらうろこを取り、3枚におろし、ジップロック袋大に入れてクーラーへ。中骨やカマは持ち帰るので海水で綺麗に洗い、クーラーへ。

 

今日はこの真鯛釣ったことで、もうあとは釣らなくていいかなと思った。

理由はふたつ

・今日は日曜日であるので、いつものように翌日捌くことができない(仕事あるので)。帰宅後、その日の夜に捌くのは負担が大きい。たぶん疲れてるし。故に今日は釣れた魚はすべて海上で捌かねばならない。

 ・来週もここに来る(来週は土曜釣行)ので、魚はそれほどたくさん要らない。

 

 

ここで、ナイフを海中に落とすという痛恨のミス。

真鯛捌いててナイフを水くみバケツへ放り込んでいたのに気づかず水交換してしまった...ナイフは海の底へ。今後釣れる魚を捌くことができないじゃないかw

ナイフは来週も使うし、この釣りに必須なので海上で即Amazonにモーラナイフを注文。明日来るとのこと。速い。

 

 

しかし、釣りに来て釣りをしないのも勿体ない、折角なんでもうちょっと釣ってみる。

f:id:apstars:20210606213421j:plain

f:id:apstars:20210606213526j:plain

今日は午前中は好調で、アジなら入れればすぐにあたる。

ほかのメンバーも順調に釣り続ける。わしは数匹のアジを追加。

 

9:00 着底し団子が割れた後になんかズーンを重みを感じる。

??聞き合わせしてみるとなんか乗ってる。重たいがリールは巻ける。

しかし全然抵抗せず、重量級のゴミが引っかかったような感触。

f:id:apstars:20210606213829j:plain

デカいタコw

2kgくらいあるんじゃなかろうか。

急所を一撃してもなかなか死なん。構わず胴体に切れ込み入れ、指を引っかけ内臓を除去。胴体も切り離す。足を3本くらいづつ、メンバーへおすそ分け。ぶっとい脚である。

 

 

あー今日はもういいな。ナイフないんで釣れても魚捌くことできんから。

アジはたぶん5匹くらいだが、帰宅後そのくらいならギリギリ捌ける、OK。

 

 

ほかのメンバーは黙々と釣る。アジが多いのだが、いろいろな魚種が釣れる。

チヌ、イトヨリ、チャリ、トラギス。

f:id:apstars:20210606214935j:plain

 

 

11:00 かなり腹が減ったのでピリ辛もつ煮込みを海水で湯煎する。

f:id:apstars:20210606214759j:plain

 

みそ汁用の湯を沸かす。

昼飯。美味いw

f:id:apstars:20210606214855j:plain

 

 

ボサーっと他のメンバーの釣りを眺める。スマホ弄る。電波あんまよくない。

11:40 退屈なんでちらっと釣ったら、タカバかクエかようわからんがそれっぽい根魚釣れる。

20cmくらい。チッコイのでリリース。

f:id:apstars:20210606215104j:plain

 

 

11:50 H氏がなんか掛ける。強烈な引き。なかなか上がってこない。

糸巻いても、すぐにズルズル引き出されている。指ドラグ。

道糸は1.5号だそうだ。日新の竿は根元から曲がりミシミシ言ってるしw

「あーきつか!!疲れた!!」

f:id:apstars:20210606215729j:plain

 

 

 

「きつかろーハサミ貸そうか?www」

「ちょっやめれwww」

 

10分ほどのやり取り。

引きはいつも釣ってるようなチヌより全然強烈。

なんやろかこれ。見てみたい。バラすんじゃないよー

やがて、やっとのことで上がってきた。

 

 

なんこれ??でかい!

f:id:apstars:20210606215921j:plain

 

コロダイ。68cm。

f:id:apstars:20210606220035j:plain

 

30L横長クーラーに入らんw

f:id:apstars:20210606220325j:plain

 

みんなも飯を食う。

午後は晴れて、太陽が出ており暑い。

今日は始めから波はなくベタ凪鏡張り。

ダムかここは?というレベル。

風もあんまりなく釣りやすい。

f:id:apstars:20210606220807j:plain

 

 

ところが...午後はぱったりとアタリが無くなる。

14:00に切り上げ。明日はみんな仕事ということもあり今日はやや早上がり。

 

 

帰りに漁港で氷買う。400円で20kg。クーラー3個氷詰めにする。

f:id:apstars:20210606220719j:plain

 

16:45 H氏の自宅着。

17:30 解散。

18:10 自宅着。道具洗い、アジ捌く。風呂飯。疲れた。

 

真鯛とアジは少し刺身で頂いた。

 

真鯛

f:id:apstars:20210606221203j:plain

 

アジ

f:id:apstars:20210606221235j:plain

 

持ち帰った真鯛カマとかで煮付け。

f:id:apstars:20210606221310j:plain

 

まだ真鯛半身と中骨、タコ、アジ4匹がある。

一週間後までに消費せねばならぬ。一週間後また行くので。

・鯛中骨で出汁とって、鯛茶漬け

・アジフライ(35cmくらいのアジなら1匹からアジフライ4枚取れる)

・アジ南蛮漬け

・タコ&野菜の天ぷら

なんかがいいかなぁと考えている。

 

 

釣果

Y氏:チヌ45cmくらい×3、アジ×12

H氏:コロダイ68cm、チヌ、チャリ、イトヨリ、トラギス、アジ×20弱

わし:真鯛55cm、マダコ大き目1、オニオコゼ、アジ×6

 

松浦 ダゴチン 生体反応希薄【釣行記】

当初は5/2予定してたんだが、強風のため本日5/3に変更。船は空いてた模様。

 

準備:
竿:自作(150cm、スケルトンシート)
リール:シマノ セイハコウSP RC83
ライン:フロロ2.0号80m
針:かわせみ針のチヌ針7号直結
団子:チヌ煙幕4500cc(3kg)+ヌカ3000cc+砂2000cc+中国アミ1kg+麦200g
つけ餌:オキアミLL

 

この写真は使いまわし。

f:id:apstars:20201122214857j:plain

 

2021年5月3日 月曜 ダゴチン釣り

実釣:6:30~16:15
天候:晴れ
気温:朝8℃→午後15℃程度
潮:小潮 干潮7:39 満潮13:12
風:午前1m→午後より5m
波:凪→午後よりやや高め
場所:松浦
同行:Y氏、H氏

 

前の日は22時に就寝。

朝2:30起床。

朝飯に巻き寿司とししゃもを食う。

3時出発。

f:id:apstars:20210503213634j:plain

 

家から高速道路まで9分。

高速道路は100km/hくらいで流す。

時間はやや余裕があるので、基山PAで時間調整。

なんか寒い。気温が低いようで、外気温計でチェックするとなんと7℃。

今5月じゃなかったっけ。そんなんでガラスも曇る。

家から基山PAまでは30分で到着。

こんな朝っぱらからクルマ結構居る。

f:id:apstars:20210503213829j:plain

 

3:35 基山PA発。

3:48 待ち合わせ場所の久留米のH氏自宅へ到着。

3:53 Y氏も来る。荷物詰ん込み出発。

 

6:10 御厨港着。今日の日の出は5:30くらいだったような。

寒いんでカッパ着用。

船の操縦は、今日は免許持ちのY氏が行う。

港内スロー。

f:id:apstars:20210503214153j:plain

 

6:25 いつものポイント着。各自準備。

6:30くらいからスタート。

1投目から反応があるようだ。

H氏がイトヨリ釣り上げた。

ほどなくしてY氏が極小のエソw

 

 

今日の団子は、7握りで着底直後に割れるようだ。

10握りで1分くらい持つようになる。

前回のものよりはバラケ・割れやすい傾向があり、前回釣行の時の団子配合のほうが良い感じ。

実釣10時間弱では、ちょっと量が足りなかったかな。

H氏の団子はメイン素材が「比重が高くオカラ配合」というパッケージの集魚剤だったようだが、空中分解が多く、苦労してた模様。Y氏とわしの団子を少しづつ貰って混ぜて対処してた。

確かに水深深い場合、やたらばらけ易いのは使いづらい。

 

 

6:30 イトヨリ。30㎝弱位。この直後にも同サイズのイトヨリ追加。

f:id:apstars:20210503214450j:plain

 

しかし。7時を過ぎると、さっぱりあたらなくなった。

時合過ぎたのか。

なんだか風が冷たくて寒いし、アタリもないし、我慢の釣り。

 

9時過ぎると、再びアタリが再発しだした。

Y氏が大きな何かを掛けるも痛恨のバラシ。

しかしその直後、Y氏が本命のチヌを釣り上げる。釣り座が遠かったので写真はない。

時合再び?わしのロッドにもアタリが来出した。

 

小さな当たりでアワセ、やや軽い手ごたえ。上がってきたのはメイタ。30cmくらいか?

スマホのバッテリー切れで、直後の写真は撮れず。前回もそうだったんだが、なぜか海上スマホのバッテリーが切れる症状が出る。今回はモバイルバッテリーを持参してたので充電して復活。

 

即締め血抜き腹出しまで。

f:id:apstars:20210503214946j:plain

 

今日はY氏が好調で、40cmイラ、62cmボラを追加。

イラはすげー不細工だが、食うと旨いらしい。ボラも旨いらしい。

25cmチャリ(真鯛幼魚)も追加。

 

 

10時過ぎくらいから、暗黒のアタリが無いタイム突入。

生体反応がなく、つけ餌が回収時にそのまま上がってくる...

練り餌、コーンなども試してみるが、触られもしない。

3人とも、黙々と釣り続けるが、なんも釣れない。

 

 

釣れん。おにぎり食ったりコーヒー飲んだり。

昨晩はよく眠れなかったので、椅子の上でうたた寝気味になる。

f:id:apstars:20210503215910j:plain

 

 

12:10 Y氏はその後ボラをもう一本追加。バズーカ砲だな。60cm超えてた。

f:id:apstars:20210503220022j:plain

 

 

アラカブがあたり始めた。アラカブを5匹くらい釣る。これは25cmくらいか。ほかのはチッコかったんで全部リリース。

f:id:apstars:20210503220112j:plain

 

 

しかし、基本的にはアタリが少なく、暇な時間を過ごす。

f:id:apstars:20210503220131j:plain

 

15時過ぎ、アジがあたり始め、Y氏とH氏が数匹づつ追加。

わし、団子がなくなりかけてて、このチャンスを逃す。。。。

 

 

16時前。風が結構強く、波も高くなってきた。

晴れてはいるんだが、風が冷たく、寒い。

集中力を欠く。わしはもう片付け始めた。

f:id:apstars:20210503220325j:plain

 

 

今日の釣り座の正面の写真。展望台の辺りかこれは。

f:id:apstars:20210503220417j:plain

 

16:15 全員釣り終了。今日は粘ったほうではなかろうか。釣果は芳しくはなかった。

16:30 御厨港へ。

19:00 久留米のH氏の家着。

19:23 移動開始。

20:03 自宅着。道具洗い、風呂、飯。

魚捌きは疲れたんで明日。

 

 

今日は、釣れなかった時間に場所を替わろうかどうか検討したのだが、結局替わらなかった。替わったほうが良かったんだろうか。全体的にアタリが少なく、アタリ自体も小さく、活気がなかった。生体反応が希薄というか。充実した釣りではなかった。

夏の前にもう一回行くことを検討中。梅雨前くらい?真夏は暑いんで多分行かない。

 

ちなみに、丁度1年前(2020/5/4)に鷹島行ったときは、朝マズメ5:40~6:30がとくに調子がよく、小潮にもかかわらず潮の流れが結構早かったものの、良い釣果だったという記録がある。その翌日にも(2020/5/5)玄界灘に船釣り行った。記録によるとかなりきつかったらしいw。鯛、レンコ鯛、ホウボウ、タカバ、アマダイ、エソ、サメ、アラカブオニカサゴ等々釣った。

2日連続で2時起床ってアホじゃなかろうかw

 

 

釣果

Y氏:チヌ45cm、ボラ60cm×2、イラ40cm、チャリ25cm、アジ数匹、アラカブ、極小エソ(リリース)

H氏:イトヨリ×2、アラカブ、アジ数匹

わし:イトヨリ×2、メイタ30cm、アラカブ5(1のみキープ)

 

松浦 ダゴチン 雨の中、午前好調、午後不調【釣行記】

松浦の御厨港へ釣行。

前回釣行より少し間が空いた(4week)。今は良い時期なので早めに予約とっておいた。

 

準備:
竿:がまかつ がまチヌ18(180cm、パイプシートに改造)
リール:シマノ チヌマチック(だいぶ古いの)
ライン:フロロ2.0号80m
針:かわせみ針のチヌ針7号直結
団子:チヌ煙幕4500cc(3kg)+パワーダンゴチヌ1000cc+ヌカ3000cc+砂2000cc+中国アミ1kg+麦200g
つけ餌:オキアミLL

 

f:id:apstars:20210424205921j:plain

 

 

前日19:00に帰宅、タックルの準備、団子の配合。

今回は団子をヌカ多め・砂多めで作った。

前回使用した、ヒロキューの「チヌ煙幕」が色、匂い、比重、リーズナブルな価格、具の多さで気に入り、今回も使用。

待ち合わせは翌朝5:00。ウイスキーをロックで呑んで22:00にスカッと寝る。

 

 

2021年4月24日 土曜 ダゴチン釣り

実釣:8:45~14:50
天候:曇り→雨→曇り→晴れ
気温:20℃~25℃程度
潮:中潮 満潮7:29 干潮13:07
風:北の風、午前中1m、午後4m
波:凪
場所:松浦
同行:H氏

 

 

 3:30起床。

 昨晩はそれほど呑んでないのでスカッと起きる。

着替え。カップ麺。天気予報つけてたら、1960年くらいの博多の古い映像が流れ、興味深く見る。みんな活き活きしてるのう。ええのう。

 

 4:05 出発。

f:id:apstars:20210424210118j:plain

 

今日はそれほど余裕はないので、基山PAには寄らず。

4:50 待ち合わせ場所のH氏の家に着。さくっと荷物積み込み出発。

道中コンビニで食料買う。

7:30 御厨港着。荷物積み込み。

今日は最初からカッパ着用。

7:40 出航。

7:50 ポイント着。係留。生簀1-1の内側付近。

8:00 釣り開始。水深は40m弱と思われる。旧チヌマチックで100巻。

 

f:id:apstars:20210424211041j:plain

 

今日のリールは古いチヌマチック。ダンゴ投下が非常に楽。慣性が小さな樹脂小径スプールで、やや控えめな回転のためか、リールを見ないノールック投下でもバックラッシュの気配がない。しかしちゃんと落下し、着底するとスプール停止。これはストレスフリー。ドラグ付きなのでゆるゆるに設定し、団子着底時に竿から手を放しても糸を張っておくことができる。

小さなスプール故、ラインに巻き癖はつきやすいんだが、実釣時に数投すればやがてまっすぐになる。あんま気にならん。

 

 

8:15 H氏がファーストヒットで、25cmほどのチャリコ(真鯛幼魚)。

チャリは久しぶりじゃない?

 

 

8:27 わし4投目くらいでガツンとした引きの何かを掛ける。なんこれでかいような。

今日使っているがまかつの竿は胴が柔らかく、根本付近からグイグイ曲がる。これは楽しい。2分ほどのやり取りの末上がってきた獲物は...

 

f:id:apstars:20210424211023j:plain

40cmほどのイトヨリであった。

 

 

8:30くらいから、雨が降り始める。天気予報では降水確率は低かったんだが。しかも、小雨ではなく、普通に雨。わしはカッパ着てるんで、カッパなしのH氏にわしのパラソルを貸す。

 

 

8:47 コツコツとしたアタリ、合わせるとなんか掛かった。アジ釣れた。サイズはやや小さく、30cm弱くらいか。

 

 

午前中、最初のうちはアジのサイズが小さめだったが、だんだんいつものサイズになる。

この写真は本日のMAXで、40cm。

f:id:apstars:20210424211426j:plain

 

 

 

9:00 再度のイトヨリ。これも40cmくらい。

わし既にイトヨリ1匹釣ってるんで不要。H氏にあげた。

f:id:apstars:20210424211620j:plain

 

 

9:00過ぎると、入れ食い、とは言えんが、落とせばやがてアジがアタるという好状況になり、アジを連発する。ダンゴが割れるタイミングをちょっと遅くなるように握り回数や握り圧を調整。団子着底後に糸を張った状態にして魚を捌く(所要1分)→ちょうどいい時間に団子割れる→釣れる→アジの首を折り、えらを切ってバケツへ投入→ダンゴ落とす、延々とこのループ。かなり忙しい。

 

今日の団子はなんかいい。いつもよりヌカと砂を多めにしたせいか粘度が強すぎず丁度よく、団子が変に頑張らずに、思った通りのタイミングで割れてくれる。割れなくても、竿を軽く煽ると餌が抜けてくれる。落下途中で分解することもなし。

ちなみに今日のコンディションでは、7回か8回握ると丁度良かった。

 

 

毎回ハリスを目視と触って傷がないか確認し、少しでもささくれや傷や癖があるとその上からハリスを切断し、針を結び直す。わしは外掛け結びで、10回巻く。必ずハリスがチモトの内側から出るようにし、2~3mm残して余りはカットする。針を呑まれても、えらを開いて針を抜き回収し、必要あれば結び直す。今日は、スタート時使ったチヌ針7号の1本だけで終了まで乗り切った。この針あと95本くらいある。使い切るのはいつだろう。

 

 

10:15 H氏がなんかでかいの掛けた。

根元から曲がり、かなり苦戦している。わしタバコ休憩しつつ眺めてた。

数分格闘の後、上がってきたのは...

 

 

真鯛。腹がブリブリで重量感満点。51cm。羨ましい~

f:id:apstars:20210424213154j:plain

 

 

わしは相変わらずアジ好調。

f:id:apstars:20210424213312j:plain

 

 

10:50 H氏がまたでかいの掛けた様子。

ダゴアタリしてたそうだ。

本命チヌ。50cm弱。

f:id:apstars:20210424213412j:plain

しかもこの直後にも追加でチヌ1枚追加。

これは「要る?」と言われたのでありがたく貰った。

即締め、腹出し、うろこ落とし。

 

 

 

雨やまず。

わしカッパを着ているにもかかわらず、なんかしみて、上半身はもちろんのことパンティまでずぶぬれになってしまうま。きもちわるー

H氏はわしのパラソルにより、何とか凌げている様子。

 

 

やがて、アタリがなくなった。

11:00過ぎくらいだろうか。

餌を落としても、まったくピクリともせず、つけ餌が触られずそのまま上がってくる。

 

 

12:00前、「移動する?」と相談し、15mほど場所を移動。

リスタート。飯を食いながら。

こっちの場所は渋かった。

 

 

H氏。

40cmほどのイトヨリ追加。

その後アタリなし。

 

 

わし。

アラカブ。リリース。

トラギス。リリース。

まあまあアラカブ。20cmちょい。死んだのでキープ。

アラカブ。リリース。

小さなアジ。20cmくらい?要らね。リリース。

その後アタリなし。

 

 

14:50 納竿。

道具洗い、港へ戻る。

 

15:15 御厨港をあとにする。

道中氷追加。チョコモナカジャンボを食す。うまい。

 

18:00 H氏の自宅着。

少し話した後、18:30、移動開始。

高速ガラガラ。ぶっ飛ばす。

19:15 自宅着。

19:40 道具洗い終了。

風呂飯完了したのが20:45くらいか。

魚捌くのは疲れたんで明日。今はウッドデッキ上にクーラーがあり、氷と保冷剤追加済み。

 

 

釣果

わし:イトヨリ2(40cm)、アジ15(20~40cm、35㎝前後が最多)、アラカブ3、トラギス1

H氏:チヌ2(50㎝弱)、真鯛1(51cm)、イトヨリ1(40cm)、アジ5、極小アラカブ

 

本命釣れず、釣り負けた感。アジばっか感。なんか悔しい。

 

 

次回リベンジは5/2。既に船は予約済。